訴訟 & 仲裁

中華圏内で訴訟に直面している日本の会社はアイガー法律事務所に対して訴訟、仲裁、危機管理状況への対応の仕方についてのプラクティカルなアドバイスを依頼します。 そして当事務所の台北と上海オフィスの訴訟弁護士は、一貫した、結果重視のアプローチを提供いたします。

彼らの職務は以下となります:

  • 民事、刑事、行政に関する訴訟におけるすべてのレベルにおけるサービス
  • 紛争/論争の仲裁や調停の代理
  • 裁判外紛争解決手続 (ADR)のカウンセリング、法廷地、法律選択条項のドラフト
  • 効果的な相手方のアドバンスリサーチ、証拠収集のコーディネーション、資産調査
  • 訴状・召喚状などの送達・証拠収集のコーディネーション、相手方のリサーチを含む海外訴訟の支援
  • 外国訴訟や仲裁の決定に関するアドバイスやその執行
  • 一方当事者の申し立てによる資産差し押さえ
  • 一方当事者の申し立てによる証拠保全の申請

アイガー法律事務所の分野ごとに特化したパートナーらを通じて、当事務所は 電子証拠開示や大規模の書類審査のための様々な言語によるサーチやレビューを提供します。

アイガー法律事務所で使用している内部そして外部のシステムは多数の言語によるサーチを支援する先導的システムで、当事務所のシステムはすべてユニコードに従い、効果的なクロスボーダー、クロスカルチャー、クロス言語の訴訟や仲裁のサポートを可能にしています。 市場にて先導するグリッドベースの電子証拠開示プラットフォームを使用することを通じて、当事務所の顧客の複雑な訴訟や規制問題を管理し、国際通信会社と完全に一体となって仕事を行うことが出来ます。

アイガー法律事務所は中国・欧州仲裁センター(CEAA)を積極的に支援し、イベントや活動のスポンサーなども行っています。