テレコミュニケーション

アイガー法律事務所の電気通信法プラクティスチームは、台湾の電気通信分野における「ダゲダ」携帯電話に始まり、世界で最も高い携帯電話使用率まで、数十年にわたる経験を誇っています。

アイガー法律事務所そして当事務所の弁護士は、多国籍電気通信会社、プライベートエクイティファンド、通信技術の大手会社、ならびにソフトウェアおよびハードウェアソリューションプロバイダーらを代理し、彼らのかかえる重大な法的問題を取り扱ってきました。

それらの法的問題とは、規制、コンプライアンス、投資/買収、商業協定、ロビー活動、紛争解決、リスク評価などです。

当事務所が代理するその他の企業には、ネットワーク事業者、ライセンシー、および衛星企業が含まれます。

投資の面においても、アイガー法律事務所は何件もの電気通信セクターの合併買収の成功ケースを取り扱いました。

アイガー法律事務所のチームのテレコミュニケーションにおける経験のハイライトは次のとおりです:

大手地域通信会社のためのNCC承認の扱いとコンプライアンス問題の処理における成功

台湾市場での新しいサービスを提供するためのアプリケーションに関し、北米、ヨーロッパ、およびアジアの最大規模の電気通信会社数社を代表。

多国籍電気通信会社数社に対するデータ保護方針の見直し

台湾への電気通信投資プロジェクトにおける外資系投資承認を含む、多国籍企業のプライベートエクイティファンドのための企業構造および税務上の問題への取り組み

日本の大手電気通信会社の台湾における規制データベースの管理。

いくつかの大手法律事務所ランキングガイドは、通信分野におけるアイガーの仕事の功績を賞賛しています。

チーム:  ジョン·イーストウッドヘザー·シャオシュウ·ティアンポール·J·キャシングハムウエンディー·チューホーリー·チュウジャッキー·ヤングネイサン·スナイダー